現在の閲覧者数:

つらい出来事2007年02月04日 20時40分37秒

朝のNHKニュースでもやっていたし、新聞にも大きく出たし、さらにはワイドショーでもやっていたということなので、ご存知の方も多いと思いますが、数日前の夜、隣県で火事があり、幼い子を含む4人が亡くなりました。翌朝、休日だったわたしは、姪っ子1号の通う幼稚園に用事で出かけ、そこでものすごい数の報道関係者がいるのを見て、もしやと嫌な予感が頭をよぎり、悲しいことにそれが的中してしまいました。亡くなった子のひとりは、姪と同じ幼稚園に通う園児でした。

学年が違うこともあり、直接そのお子さんは知りませんでしたが、その子のクラスの下駄箱がふと目に入ったとき、一足だけ「上履き」が入っていました。きっと普段と変わりなく過ごした前日。幼稚園での楽しい一日を終え、彼がそこで履き替え、小さな手できちんとそろえて置いた上履き。そんな勝手な想像をしたら、涙が出て、しばらく話もできませんでした。ほんの半日でよいから、過去に戻れるタイムマシンが欲しいと思いました。こういうとき、いつも思うことなんですが。でも、それもかなわない。人が突然亡くなるというのは、まさにこういうことです。

そんなわたしの気持ちとは裏腹に、ハイエナのようにたかる報道関係者。わたしは何も答えませんでした。答える気持ちにはなりませんでした。こんな時に、彼らに滔々としゃべれるほど、わたしはおおらかではないですし、だいいちこんな時、何も言葉はないです。

妹と話しました。彼女も自分の子に置き換えてみるまでもなく、縁あって同じ幼稚園に通う園児で、これからその子にもあっただろう将来を考えると、ほんとうに悲しいと言っていました。そして、悲しいけれども、それでも何かできるとすれば、彼らの死から学んだことを、わたしたちが生活に活かしていくことなんじゃないかという話をしました。しかし、このように簡単に結論付けてしまうことすら、つらいです。

夕食後、充分火の始末を確認してから、いつものようにプールへ行きました。ちょっと気乗りがしなかったけど、この気持ちのまま明日へつなげないと思って、あえて行きました。プールでも、自然と園児の話題になってしまいました。亡くなった園児のことより、報道陣が多かったことに、はしゃいでいた方もいて、少し驚きました。ひとつの出来事にはいろいろな受け止め方があるものだと、あらためて考えさせられました。

コメント

_ スイマー ― 2007年02月07日 02時30分31秒

先週の木曜でしたね。私も毎日出勤する時幼稚園の横を通るのですが、その日はたくさんの人とテレビ局の車があったので何かの撮影かなと思い会社に着くと事故の話を聞き愕然としました。うちのスクールに通っている幼児の半分以上がそこの子供達なのでもしかしたら会員の家族じゃないのかと。テレビなどでニュースはやっていないかスタッフみんなで調べました。夕方、N先生がセルクルさんの妹さんに話を聞いたようでとりあえず会員ではなかったということで少し落ち着きましたが、やっぱり胸が痛みます。報道陣のやり方がひどかったと聞き本当に悲しい気持ちになりました。その日の夜ニュース番組をつけるとちょうど流れていました。幼稚園のお母さんがインタビューに答えていました。それを見て何だか心がもやもやしてしまいました。どういう気持ちでこのお母さんは答えているのかなと。セルクルさんの言う一つの出来事に対して人それぞれ受け止め方は違うんですね。

_ セルクル ― 2007年02月11日 00時40分56秒

スイマーさん、お久しぶりです。お返事遅くなって、ごめんなさい。
園児さんのご不幸は、ほんとうに胸が痛みます。それに、ご遺族はどんな気持ちだろうと考えると、きっと想像を絶するだろうと、悲しくなります、いつもふざけてるこんな他人のわたしでも。
スイマーさんの会社の方々も、心配されていたのですね。結果的に会員ではなかったらしいですが、だからよかったというものではない・・・・・・ソコなんだと思います。

>会員ではなかったということで少し落ち着きましたが、やっぱり胸が痛みます
あなたがそういうふうに感じる方でよかったです。他人にこうした悲しい出来事があったとき、気持ちを寄り添えるかどうか、それが、その人そのものだと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック