現在の閲覧者数:

ヘルシンキで乗継2019年10月05日 23時59分02秒

午前中に成田を離陸したわたしたちは、9時間30分余りの空の旅をして、乗り継ぎ空港であるヘルシンキに到着しました。
ヨーロッパはサマータイム期間で、ヘルシンキ(フィンフランド)は日本との時差は6時間。今回はここで乗り継ぎ、フィンエアーでベルリンに向かいますが、その前に空港の中でちょっとお茶タイム。

乗り継ぎ目的で北欧に来るのは、いままであまり考えていなかったのすが、ちょっと一息いれるのも、良いものだと思いました。

空港には、わたしの好きなマリメッコのお店があちらこちらにあり、日本人女性が多くみられました。そうか、こういうところに女子旅もよいかもと、夫といながら、秘かに思ってしまったわたし。北欧柄のニットのセーター、帽子、手袋と、次第に物欲が湧いてきますが、これからどんどん荷物は増えるだろうことと、帰りにも乗り継ぎでここを通ることを考えて、マリメッコで夫が選んでくれた日本ではあまり見ない柄のエコバックを買って、とりあえず物欲をおさめることにしました。
これは、実は、あとから考えると大大正解なのでした。

写真は空港内のムーミンカフェ。フィンランドらしくて、女心をくすぐります。

ドイツへ2019年10月05日 23時59分01秒

とても久しぶりの更新になってしまいました。

この春から、夫の仕事の所属部がかわり、出勤時間が不規則になりながらも、だいたいは普通の日常と3~6時間の時差が生じました。それに伴い、当然私の生活時間も変わり、さらには姪っ子1号が毎夕我が家に帰って来て、勉強しては夜に私が家まで送るという生活になっています。というわけで、夫を送り出すと、姪っ子が帰宅するということになり、私自身は外出することが難しくなりました。

でもよいこともありました。今までまとまった休みがとれなかった夫ですが、今度の所属部は、仕事の拘束時間は長いけれど、休みもきちんととれることになりました。7月のある日、わたしの「ドイツラヴ♥️」に押された夫は「じゃ、行くか!」ということになり、遅い夏休みをとって、久しぶりのドイツ旅行に出掛けることになりました。

もちろん、旅行してリフレッシュすることもありますが、今回はちょっとした目標が3つありました。

1 北ドイツのバードドーベランからキュールンボルン西駅を走る、通称「モリー鉄道」に乗ること
2 「ベルリンの壁」を見学すること
3 ハンブルグからコペンハーゲンに列車で渡る際、通称「渡り鳥ライン」に乗ること

です。そう、夫とわたしは、多少「乗り鉄」気味です。

今回、久しぶりにブログをアップしようと思ったのは、旅をするにあたり、特に1と3について事前に詳しく調べるうえで、いろいろな方が書いたブログを参考にさせていただいたからです。わたしも、自分の経験したことを拙いながらも書くことで、これから旅行される方のお役に立てればと思いました。

今日は、成田発ヘルシンキ行き飛行機に乗り、旅が始まりました。

さよならぼくたちの幼稚園2019年02月21日 23時59分59秒

今日は姪っ子5号の幼稚園の音楽会に行ってきました。
5号も年長。幼稚園最後の大きな行事です。
区内にある区の施設の大きなホールを借りて、午前組・午後組に分けてやるのですが、今年は午前組でした。

最初は詩の暗誦。毎年年長さんは、宮沢賢治の有名な詩を全員で暗誦します。ちなみに私がこの詩を暗唱するほど覚えたのは中学2年のときですが、詩の深い意味が完全にわかっていたとは言えません。ましてや幼稚園児にわかりようもないのですが、こうして幼いときに覚えたものは、大きくなってからふいに思い出し、ときに勇気を与えてくれることがあるかもしれません。幼い子らしく、大きな口を開けてみんなで暗誦する姿には感動を覚えました。

次はオペレッタ。幼稚園の方針で昨年から年中・年長はオペレッタをやります。今年は白雪姫でした。振付や感情表現などは、子どもたちがみんなで考えてやったとのことで、姪を含む子どもの感情表現に、成長を感じました。

最後は合奏と合唱。ここはグッとくるところなんです。
合唱は、「さよならぼくたちのようちえん♪」という歌を歌いました。これがグッとくるフレーズなんですよね。
そして、姪っ子1号からお世話になった幼稚園とも、3月までのお付き合いとなりました。思えばわたしがこの幼稚園に入ったときから続き、弟、妹もここの卒園生。ずいぶん長いご縁でした。

上演中、ここに私の母がいたら、孫たちの成長をどんなに喜んだかと、ずっと思っていました。いつもニコニコして、とても優しい母でしたし、生前、唯一出会えた初孫(姪っ子1号)への愛情は深いものでしたから、他の孫たちの成長もきっと見たかったに違いないと思います。私は、祖父母の扱いで2階の最前列で一人で観ていたので、思う存分いろいろな考えをめぐらせました。
私の両親にも亡き弟にも、姪たちの活躍がわかっているといいなと思いながらの鑑賞でした。

写真は先日姪っ子2号の誕生日に作ったケーキ。
抹茶の好きな彼女には、抹茶のジェノワーズがひそんでいます。

ウォーキングのご褒美2017年11月04日 21時06分27秒

カフェランチ
今日はお天気もよく気持ちが良いので、うちから約3キロ離れたお肉屋さんにお買い物がてら、夫とウォーキングをしてきました。

普段は自分の運転する車でしか通ったことのない道。歩くと色々な景色が見えるもの。大きな人工池のほとりの道を歩き始めると、河畔にしもた屋風のカフェがありました。

気のすすまないわたしをよそに、「入ってみようよ」とぐいぐい進んでいく彼。仕方なく付いていくわたし。池に面した外のソファに腰を落ち着けると、何だかとても心地いい。

というわけで、写真のようにランチまでしてしまいました。お店おすすめの「油淋鶏」のプレート。ランチはもちろん、自家製レモネードの美味しかったこと!景色とともに味わいました。

パン焼くことにしました2017年05月02日 15時25分00秒

暦通りのお休みの我が家。みんなが「連休後半」という明日からが、本当のGWの始まりのような感じです。

平日の朝食は和食ですが、休日の朝はパンです。それが、和食派の夫と、洋食派のわたしの妥協点でした。というわけで、明日からは、朝はパン。

ですが、今日はいろいろと用事があって、買い物に行くのもおっくうになってしまいました。パンはないし・・・・・・どうしよう、と思ったのですが、ならば作ってしまおうと。

というわけで、写真はただいま1次発酵中のパンです。

富士山と干物2017年04月29日 23時59分59秒

沼津港で綺麗な富士山の写真が撮れたので、さっそく富士山大好きな妹に送信しました。

その後、彼女の家にも「太刀魚の干物」をお土産に買い、その旨、連絡したところ、

妹: 「絵葉書のような富士山だね。ところで、その下にある、『日本一の干物』という言葉が、とても気になっておりましたので、干物、うれしいです」との返信。

いつも見慣れた風景で、気にもしなかった看板。「干物のお土産用意してよかったね」と、夫と大笑いしました。

本当に富士山は美しい。

丹那トンネル2017年04月07日 23時59分59秒

チケット
今日は小用で東海道線に乗りました。

東京方面から静岡県に向かうのですが、本来なら新幹線で行くところ、節約と多少「乗りFe子」(乗り鉄子)である自分の趣味も兼ねて、東海道線に乗りました。熱海行きに乗り、予定通りの昼過ぎ熱海に着いたのですが、その先の静岡方面に向かう電車が停まっています。
聞けばこの先の丹那トンネル内で、先に出た電車が異音を確認し、安全確認のため、下り各駅がとまっているとのこと。

やだぁ、丹那トンネルって、8キロメートル近くあるながーーーーーいトンネルなのよね。そんなところで異音て、何だろう。それに安全確認だって、誰が考えても時間がかかるの、自明の理。それと、トンネルで何かあったらいやだなあ。

というわけで、仕方なく、振り替えも効かない新幹線に乗りました。目的地三島までの乗車券はあったので、新幹線特急券のみ。熱海ー三島間は5分程。860円の新幹線特急券(特別区間なので、少しお安い)を買って、こだまに乗ること5分、そのうち座席についた時間3分程でしょうか。新丹那トンネルを快走し、あっという間に三島に着きました。おそらく我が人生初の短時間新幹線乗車でした。

写真は、こんなチャンスもなかなかないだろうと、記念にもらった乗車券と新幹線特急券。三島駅で無効印を押してもらいました。

騒々しいお墓参り2017年04月04日 23時59分01秒

泳げる鯛焼きくんたち
今日は亡き母の誕生日。朝、ふとお墓参りに行こうかと思い立ちました。妹に連絡すると、「軍団で行ってもいい?」と。私はすぐにオッケーし、一緒に行くことになりました。

「軍団」とは、幼稚園児から高校生までの姪っ子軍団のことです。特に姪っ子3、4、5号は凄い。お墓のお掃除も、本人たちは一生懸命手伝っているつもりなのですが、服も靴もビショビショになるので、長靴を履かせての墓参です。

母は、妹と私が一生懸命育てている姪たちを見て、「頑張っているね」と言ってくれているといいな。
この「おてんば軍団」を見て、にぎやかでいいわー、と言って笑っている姿も目に浮かびます。染井のさくら色も母を思い起こします。
それにしてもこの姪っ子たち、今度は水着で墓参にしようかな。

写真はお墓参りの帰りに買った鯛焼きです。とてもぶ厚くて、泳いでいるように縦にもできます。妹一家が墓参した折に見つけたお店で、妹が夫と私にお土産としてくれました。

ルーツを求めて2017年04月03日 18時54分31秒

天野屋の甘酒
今日は姪っ子1号とお出かけ。

わが家(私の実家)のルーツをたどってみたいというので、いわれのある場所を歩くことにしました。

お茶の水駅スタート。まずは聖橋を渡って、神田明神の「天野屋」で甘酒を飲みながら、地図を広げ、行程の説明から始めました。これから始まることにワクワクしているようでした。

のんびり日曜日2017年04月02日 15時23分44秒

チョコレートのお菓子
先程、近くの桜の名所の公園に散歩がてらお花見してきました。
桜はまだ3分咲きといったところ。姪っ子1、2、3号に会いました。
帰ってきて、昨日作ったチョコレートのお菓子とコーヒーで夫とひと休み。今日の夕飯は彼が得意の麻婆豆腐を作ってくれるので、楽しみ&気が楽です。といっても、昨日までに買い出しなど、準備を万端に整えておくのは私なんですが。

来週も頑張ります。