現在の閲覧者数:

プールは外から見るもんじゃなく2009年09月09日 23時59分59秒

 火曜日の夜、ホームプールでいつものコーチが、仕事を終えて帰るところにお会いしました。
 以前は何人かで一緒にお酒を飲んだりすることもあった仲間であるとはいえ、会員でもあるわたしに、詮索したり、その類のことはいっさいしない彼が、めずらしく日曜日の大会レース棄権について、わたしにお尋ねがありました。というのも、一緒に泳ぐことになっていたメンバーは、すべて彼の選手時代に、一緒に泳いでいた人たちだったから。

 わたしは、もう包みかくすところなく、起こった事実をありのままに話す以外にありませんでした。彼はすべて、細かいことまで真剣に聴いたうえで、

 「セルクルさんは、セルクルさんの目標を達成するように、練習してください。暮れの大会がありますから。」と。
 わたしも大会以後のこの数日の間に、とにかく、自分の目標に向けて練習する決心をしていたところでした。

 水泳は、練習段階では、集団スポーツの性格があると思います。けれど、いざ、スタート台に立ったら、たとえそれがリレーであっても、究極には個人競技に思えます。最後の段階では孤独に戦わなくてはいけないわけで、そう思ったら、かえって気が楽になりました。

 この日はバタフライレッスン。次の大会長水路の50メートルバタフライ。さい先よく、夕べは、北京オリンピックに出た、藤野舞子ちゃんも泳いでいました。テレビだと華奢な感じですが、なかなかどうして、しっかりした体に、ちから強い泳ぎ。こんなすばらしい選手と同じホームプールであるのは、光栄なこと。プールの『中』で頑張れるようでありたい。わたしも頑張りますわよ!

マスターズ大会2009年05月11日 23時59分59秒

昨日は、第39回 フィットネスクラブ東京ドーム マスターズ大会に出てきました。

 わたしは2年前に初めてマスターズ大会に出たのですが、それがまさにこの大会で、そういう意味でちょっと思い入れがあったことと、このところ、わたしの水泳をとりまく環境が良くないことで、泳ぐのがちょっと億劫になっていて、ロクに練習もしないという悪循環を何とか打破したい気持ちもあり、出場することにしました。

 先月、プールに行ったの1回。今月も同じようなもの。本当は出るべきじゃないし、正直、朝から棄権しようという気持ちがちらほら。でも、『まだ勉強不足だから、今日の模擬試験は受けないで、うちでお勉強する。』と言って、現実回避している受験生のようで、それもいやでした。ところに、姪っ子1号から電話。

1号 『おばさま、今日、試合なんだって? 応援行きたいけど、行けないから、とにかくがんばってよ。で、今日の目標は?』って。

わたし『とにかく、2年前の屈辱的なタイムを切ること。具体的には、20秒を切ること。』

1号『なぁんだ、自信なさそうだったから、電話したけど、おばさま、ちゃんと目標あるんじゃん。じゃ、がんばってよー!』

……そう言われて、わたしも気づきました。わたし、目標あるじゃん。じゃぁ、がんばろう!

 水道橋までの道々、とにかく、練習は完全に不足しているわけだから、いまのこの状態で、どうしたら目標突破できるか、考えました。そのとき、思い浮かんだのが、『勝負脳』のこと。よくできた時の泳ぎをイメージすること。負けることを考えないようにもしました。

 スタート台に立ちました。足が震えて、プールに落っこちそう。でも胸を張って深呼吸。わたし、スイマーだもん!一応。クラウチングスタート。台を蹴った瞬間、足を高く上げました。飛び込んだ瞬間、悪くない飛び込みだったと思い、スピードを見極め、ドルフィンキック。わたしはドルフィンキックを切りよくやめないと記録が出ないのを自覚していたので、たぶん、3,4回で浮かび、バタフライを泳ぎ始めました。良いときの泳ぎのイメージ。イメージ!イメージ!無呼吸は意識しませんでした。無理をすると、かえって記録が出ないことも知っていたし、タイミングもあったので、途中1回だけ顔を上げ呼吸しました。
 長い長い25メートル。腕を入水後、回転があがらず、スローモッションで泳いでいるようで、記録のことが頭をよぎりました。でも、最後は流さず、あくまでもかき切りました。結果、20秒切りました。

 うれしかった。うれしかったけれど、ひとつ、後悔もありました。もっと練習して臨みたかった。そうすれば記録がもっと出たというのではなく、気持ちが良かったはず。

 終わってシャワーをあびているとき、突然、鞭打ちの痛みが首肩を襲いました。半年に1回くらいなる、寝違えのひどい感じのものです。よりによって、大会当日にでした。死ぬほど痛くて、一瞬動けないんですが、まあ考えようによっては、レース後でよかったです。

 わたしなりに、今回のレースを解釈しました。目標タイムを切り、自己ベストを出したのは、水泳をもっとがんばって続けなさいという激励、鞭打ちになったのは、練習しなかったバツをちょこっと与えられた……、そういうわけで、明日からまた、泳ぐことにしました。熱があっても、多少具合悪くても、以前のように泳ぐことにします。(←でも、よい子のみなさんは、まねしないよーに。わたしは単なる水泳中毒患者に戻るだけですから。)

 というわけで、なんの脈絡もなく、写真は先日作った餃子。友人はみんなコレがおいしいと言ってくれます。

激しい落ち込み2009年01月31日 23時59分59秒

 昨日の今日、でも、土曜の夜にマスターズに出るのは久しぶりのわたし。相変わらずの肩の激痛。一体なんだろう。本当は泳ぐのを休んだほうがいいのだろうと思うけれど、休むことができない。もし、痛いのに泳ぎ続けたら、肩を壊すといわれても、泳ぎをやめることなんでできないだろうな。

 人数の少ない練習。ほぼ、コースを独り占め。25mを30秒で30回のち、バックのドリルなど。最後に、50mを4回3セット、IMスイッチ。1セット目は1分30秒、2セット目は1分15秒、3セット目は1分。3セット目は、あきらかにわたしだけ落ちこぼれで、泣きながら泳いでいました。前だったら、できたのに、できない。みんなはできているのに、できない。投げ出すのもしゃくで、けれど、タッチ&ゴーになっていて、死ぬかと思いました。終わって、非常に落ち込み、モノもいいたくない気分で、保温シートをひいていたら、たぶん、わたしの気持ちを察したコーチが隣で保温シートをひきはじめました。おもーい空気。ついにコーチから、『キツかったですか?』と。
 わたし、『いま、ひじょーに落ち込んでいます。』とだけ。
 コーチ、『きっと、疲れとかもあるんですよ。』と慰めてくれたけれど、わたしはそれに答えるだけの余裕もなにもなく、これ以上何か言えば泣いてしまいそうだったので、気乗りのしない笑顔でコーチの顔を見ただけにしました。きっとコーチは気にしているけれど、わたしにはもう、それを受け止める気力もありませんでした。そして、こういうとき、いつもおもう、『もう、水泳やめる。プールもやめる。』そういう気分になっていました。

 あれだけ気をつけて泳いでいるフォーム、なのに、速く泳げないのは、何が悪いのか、何をどう、改善したらいいのか、それには、どのような練習をしたらいいのか、その方法論が全くわからないわたしは、先の見えないトンネルにはいってしまったかのようです。

気持ちに体が追いつかず2009年01月30日 23時59分59秒

 あんまり泳いでいないのに、明らかに水泳が原因で左肩の激痛がしています。先週から。そこに持ってきて、今週はバックの練習。おかしなことに、ほとんど痛みを感じずに動かすしたりまわしたりすることはできるのですが、押したり少し強く触ったりすると痛いのです。

 そんな中、今日もバックの練習。泳ぎのなかでも苦手なバック。だからこそ、がんばりたいと思って、とにかくキツいときもメニューの半分でもいいからバックをやろうと頑張ってしまう。

 今年から、いっしょに泳いでいる人たちを、仲間とも友人とも思わないことにしたら、本当に気は楽になったけれど、それこそ、自分のトレーニングだと吹っ切らないと、楽しむことはできないものです。以前はとても親切にしてくれていたSさんからも、どうやら愛想をつかされたようで、もう、そういうことはどうでもよくなってきていました。

 そんな中、今日もプールへ行ったら、駐車場に、わたしの大好きだった人の車が止まっていました。今日来るなんて、めずらしいこと。でも、まだ、会うのもツライような気がして、一瞬、このまま帰ろうかと迷ったのですが、暮には、夏の出来事がなかったように接してくれた彼だったし、わたしもそういう彼の気持ちを汲みたいとも思い、プールに入りました。

 練習中は、いかに泳ぐかで精一杯のわたし。隣のコースを泳ぐ彼も、彼なりの考えで泳いでいたのでしょう。もう、あの夏までのように、練習後にいっしょに話す楽しみもないと思いながらの帰途。

 疲れた、疲れた。マスターズの練習についていけないわたし。

まだまだ正月気分な日々2009年01月07日 23時15分54秒

 仕事が始まって3日目、来客には新年の挨拶をしています。
同じ事を何回も言っていると、そのうち機械がしゃベているようになってしまいがちですが、昨年の感謝を込め、そして今年も仲良くやっていこうという気持ちを込めて、挨拶しています。電話も同じ。

 家族が、検査は陰性ながら、インフルエンザと同じような症状なので、普段に増して手洗いうがい。おまけにアルコール消毒までするものだから、昨日一日で、手にあかぎれができてしまいました。自家製化粧水をつけ、クリーム塗って手袋はめて寝ていますが、一晩での回復は無理でした。

 夜は初泳ぎ。昨暮の打ち上げでは、とても嫌な思いをしたので、マスターズで一緒に泳いでいるほとんどの人とは、こちらからは話をしないことにしました。正月の挨拶も、年長者に先にさせたわたしだから、さぞかし無礼者と思われたでしょうね。それでもいいわ。わたしは一人では泳げない。だから、このクラスを利用するだけ。でも、いったん水にもぐってしまえば、自分だけの世界でもあり、水泳というスポーツも、多面的で、何とかやっていかれるものです。しかし、この、人好きなわたしをして、このようにかたくなにさせてしまったおばさま、おじさまたちには、脱帽。この方たちをみてると、初めて歳をとるのが恐ろいという気持ちになります。

さよならは見放す意味もあり2008年12月21日 22時48分03秒

 毎年恒例の、プールでの100本大会。って、50mを1分15秒間隔で、100回泳ぐというものです。今年で3回目の参加。よほどのことがない限り、泳げるだろうとは思っているのですが、何が起こるかわからないのも事実で、無理はしないことにしました。

 今年のわたしは4コースで。コーチを含めた男性4人が先頭で、わたしが5番目、あと2人いまいした。全部でコースは5コース使ったので、30人強で14時スタート。60本目あたりから疲労、80本目あたりからは、泳ぎきることができるかなぁと不安な気持ちになりました。が、一応完泳。

 この仲間と飲むのはいやなのだけれど、今年で退職されるコーチがいらっしゃるので、その送別会も兼ねていて、わたしも出席。このコーチには、言葉では言い尽くせないほど、お世話になり、くじけそうなときは、たぶんこれからもお世話になります。本当に大切な人。わたしが水泳を続けていられるのも、彼女のお陰です。でも、他の水泳仲間と一緒にいるのに耐え切れず、途中で帰ってきました。もう、絶対、出ないわ。せっかく100本泳ぎきっても、最後がコレではね。

読者のみなさまのおかげ2008年12月19日 23時59分59秒

 2006年12月19日に始めたこのブログ、今日で丸4年目に突入しました。このごろ怠り気味ではありますが、こんなに続いたのも、よくも悪くも、わたしにいろいろなことを考えさせてくれる友人知人の方、そして、読者の方々のお陰です。ありがとうございます。
 正直なところ、夏から立ち直れていないことがあって、意気消沈気味ですが、細々とでも続けられたらと思っております。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 朝からいつもどおり仕事。夜はプール。週末はちょっと緊張がとれて、プールの帰りにスーパーに寄ってきました。あんまり買うものはないんだけれども。玄関を入ったところで、携帯が鳴るのですが、知らない電話番号。夜の11時にかかってくるのは、仕事①なのだけど、これは知らない。一体誰?

 出てみたら、よくよく知っていたプールの友人でした。彼の名前を見るのがつらくて、登録をやめてしまった番号でした。用件はわたしに直接的にかかわるものではありませんでしたが、大事な話でした。彼もきっとわたしには電話しずらかったはず。それを押してかけてくれたことは、何というか、日本語ではいいずらいものですが・・・・・・決して、横柄でも媚びたものでもなく、I appreciate it. という感じでしょうか。

何ともたとえようもなく2008年12月13日 23時59分59秒

 今年になってたぶんはじめての、土曜午前中のプール。飛び込みを練習したいと思いつつ、休日の朝はやりたいことばかりだったりして、なかなか行かれませんでした。

 プールに入って、ちょっと後悔。逢いたいけれど逢いたくない人・・・・・も来ていて、すでに泳いでいました。わたしから、(このこととは関係なく)プールには(フツーに)来てね、と言っておきながら、なんとなく彼の顔をずっと見られずにいた4ヶ月。まだまだ、普通の顔で挨拶できないわと思いながら、思いがけず、泳いでいたおば様に、『わたしはもうあがるから、どうぞこのコースで。』と言われ、そこに入らないのは不自然で、彼の泳ぐ隣のコースで泳ぐことになりました。わたしはいつもこう。なんでこうなっちゃうのかな。

 とにかく泳ぐしかなく、50m泳いで帰って来たら、彼から挨拶がありました。普通に。普通に。わたしより若い彼、どうしてこんなに大人の会話ができる?それから、どのくらいの時間だろう、彼と、以前、夜のドライブを楽しんでいたときのように、泳ぎもせず、話しました。彼はあの時と変わらず、でも、わたしは以前とは違う意味での動揺。
 あの時の、楽しい時間とは違うのだ!と、何度虚しい気持ちになったろう。彼と普通に話せるようになることを望んでいながら、わたしにはまだできない。

 帰って、哀しくなるわけでもなく、昼間泳いだせいもあって、ただただどっと疲れて、昼食もとらず、ホットカーペットに横になって、眠れもせず、体を横たえていました。
 でも、こういうことを重ねて、平静に彼と向き合えるようになりたいと思っている・・・・・・大人の女として。あー、でも、随分無理しています。

偶然のちょっとした衝撃2008年11月16日 00時04分44秒

 昨日の分、更新しましたので、どうぞ、ちょっとだけスクロールしていただいて、お読みいただけると嬉しいです。

 さて、ボランティアの方のお話その2なんですが・・・・・・。

 先月19日(日)にやった大きなイベントは、わたしたちの課5名でやるには本当に大きなもので、わたしの残業だけでも、先月はものすごいものでした。残務整理をしていたとき、ボランティアをしてくださったある方に、お礼をお渡ししていないことが判明しました。きっと担当の人も、あの混乱の中で、無理だったのでしょう。わたしはすぐに電話連絡をし、お詫びしました。区内に住む方だったので、日時を約束し、お届けすることになりました。先月10月27日(月)、15時のお約束。

 車で、どう見積もっても20分もあれば行く距離でしたが、わたしは、駅向こうのこの土地は、それこそ東北自動車道に乗るとき以外は、あまり通らないところ。このあたりに住む職場の人もいろいろ教えてくれて、余裕をみて40分の時間をもって、車に乗り込みました。ただ、ほんの少し言うと、おそらく、これから通る道は、プール帰りに友人と夜ドライブしたこともある道だろうな、そう思うと、心がちょっと痛いなぁと思っていました。彼とは、もう、ドライブできないだろうと思っているので。

 仕事だから頑張ろうと、わけのわからないことを思いながら、車を走らせました。だんだん目的地に近くなると、教えてもらったとおり、産廃業社が多く、人出もあまりなく、ちょっと寂しいところになりました。おまけに、自殺者や死体遺棄現場にもなったことがある、大きな公園の近く。知らない道だからこそなのですが、そして、わたしには、胸がチクリとする思いがあるからか、気持ちが沈みました。そんなことを思うからか、なかなか見つからず、約束の時間が近づいていたそのとき、やっと到着。

 けれど、車をちょと停めたその道沿いにある住宅街の駐車場に、見覚えのある車が停まっていました。車に興味のないわたしが、その車とナンバーを見て、『この車!』と思い出したのは、それが、夜ドライブした友人が以前に乗っていた家族の車だったから。友人と言いましたが、本当のことをいうと、わたしが、彼と知り合ってまもなくから、心魅かれていた人。彼の住所も家も知りませんでした。けれど、以前に彼が話していた状況を考えると、彼の家も彼の実家も、この車1台があることで、おそらく特定できるものでした。

 わたしは車から目を背けました。つらすぎるもの。仕事、仕事、仕事をしに来たんだもの、わたし。けれど、また、わたしの胸の傷をえぐるようなことが。わたしが仕事で来た家は、建売住宅の私道らしきところのどこかでしたが、1軒、1軒、表札や住所をみて探さなければならないことでした。1件目、彼と同じ名字の家。彼の車はありませんでしたが、見覚えのある自転車がありました。2件目、3件目も違う。私道のいちばん奥に入ったところに、わたしの目指す家がありました。深呼吸をして、ベルをならし、用件をつつがなく終えて、わたしは、もう、彼の家を見ることもなく、大急ぎで車を走らせました。それとは知らずに来たといっても、フェアーじゃないような気がして、逃げるような気持ちでした。

 こんな広い区内で、なぜ、こんな偶然が起きるのだろう。もし、彼がここにいたら、わたしが何をしにきたと思うだろう。以前と違い、もう、こんな込み入ったことを、話せる仲ではないだろう。なんでこんなことになる。わたしへの試練?

 傷ついて、それを誰も理解してくれなかったとき、あんなにたくさん話す人だったのに、わたしの話を黙って1時間も2時間も聴いてくれたこの友人は、わたしにとって、とても大切な人でした。やさしくて。この夏、わたしは、とても傷つきましたが、彼の優しさや、わたしにしてくれたこと、それは彼のうちからでる、そういうものであったことは、いまでもちゃんとわかっています。

 ただ、もうひとつ。この夏、ショックだったのに、仕事や、やらなければならないことに負われ、ヘンな言い方をすれば、落ち込んだり、深く悲しむ余裕もなかったのも事実。だからこそ救われていることでもあり、大切なかけがえのない彼とはまた、フツーに話せるようになれる日が来ることを祈りたいと思っています。

嶋貫美智代 フリーステージのお知らせ2008年10月16日 22時01分15秒

ご無沙汰しています。先月末に体の異変を感じ、今回ばかりはドクターにかかりました。ドクター曰く、極度の疲労か強いストレスが原因だと。思い当たることありますか・・・と問われ、疲労はあったけど、それより感じていた思い当たること一つ話したら、たぶん、ソレね、と。もう、忘れなさいと。こんなに人の生活に入り込むドクターでかえってホッとし、また、ハッキリそういわれた途端、軽快の兆し。とココまで書いたら、すんごく重い病気のようですが、そんなことはないです。仕事も生活もそのままで、プールだけやめています。ストレスの元のようで。いま、ほぼ回復です。でも、無理はしないようにしています。
先週末も、清里高原に行き、コテージ風のところに泊まり、山を見たり林を散歩し、山栗拾いして茹でてみたり、高原をドライブしたり、思う存分料理をしたり、ドライフラワーリースを作ったり・・・・・・と、好きなことしてのんびりしてきました。

さて、今日は宣伝。わたしのピアノの先生:嶋貫美智代(しまぬきみちよ)さんのベルカントの歌が、フリーステージで聴けます。どうぞお出かけください。

日時:2008年10月19日(日) 13時26分~(予定)
場所:かつしかシンフォニヒルズ アイリスホール
    http://www.k-mil.gr.jp/access/sym_access.html
曲目:もみじ、勿忘草、カーロミーオベン、
    さようなら(ドニゼッティのオペラ 『連隊の娘』から)
入場:無料

嶋貫美智代プロフィール
http://members.jcom.home.ne.jp/amici/shimanuki.htm

ベルカント唱法の美しい歌声をお楽しみください。