現在の閲覧者数:

バナーヌ2016年08月29日 23時59分59秒

バナーヌ(いちぢく)
明日の東京は、台風の影響を大きく受けるようなので、妹を誘って、午前中、隣県のショッピングモールへ買い物に出かけました。

この夏、三島(静岡県)の家でずいぶん長く夏休みをすごしていたのですが、そちらで見ていたローカル番組で、「バナーヌ」という品種のいちぢくを栽培している農園を知りました。フランスではよくある品種だそうで、皮が薄いグリーン、皮ごと食べられ、ねっとりとした甘みが特徴だそう。これは一度買ってみようと、そのとき大急ぎでメモしました。

それが今日届いたのですが、説明通りのもの。ジャムを作るつもりで買ったのですが、ジャムにしてしまってはもったいないような美味しさです。

もともと、いちぢくのジャム作りには手を出さずにいました。甘くておいしいフルーツだけど、これといった味の特徴がないから、ジャムにしても、ピンとこないような気がして。それで今日、プラムをかけあわせてみようと思っていたのですが、プラムの味確認をしたら、なんだか合わなそう。というわけで、今夜の下ごしらえは、バナーヌとレモンだけのシンプルなものにしました。けれど、レモンは効かせ気味にしようと思っています。

というわけで、本日の写真はバナーヌ。ジャムのために、成り口をとり、中を割りましたが、あまりにも美味しくて、そのまま口に運ばないように気を付けるのが大変でした。

コメント

_ yayo ― 2016年09月20日 21時01分33秒

これ、なかなか売ってないですよねー、おいしいのにねー。

_ セルクル ― 2016年09月22日 22時30分29秒

yayoさん、ご存じだったんですねー。さすがです!
わたしは今回初めて知りました。おいしいね。
ジャム、煮詰めすぎてしまった感じです。

もし、よろしければ、買ったところをお教えしますよ。来月ぐらいまではあるようです。

_ yayo ― 2016年09月23日 18時34分13秒

ふふふ、実は以前文旦を作ってる練馬の友人も無花果作ってて、来週晴れの日が続くみたいだから オーダーしてるのです☆
私は去年フランスで食べた黒無花果が忘れられないのです。日本では、まだまだ希少らしくて・・・。また美味しい情報待ってまーす。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック